<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

しゃべくり

日程を変更すること3回。
ようやく友人と会うことができました。
最後に会ったのが10年前。最初に出会ったのは22年前(!!)。

(そんなんなるのかぁ・・・)

彼女が先生になりたての頃に浜松へ会いに行き、そのまま音信不通になっていたんです。
私も携帯電話の番号が変わったりデータ飛ばしたりで連絡しようが無くなり
ま、必要なら連絡くるだろうと気軽に思っていたら
今年度は静岡市への赴任となって、ようやく連絡がつきました。

部活も違ったしクラスもいつも一緒だったわけでもなく(中1と中2の時くらいかなぁ)
高校になればそれこそ志望別クラスだから彼女は音楽系、私は私文で別々。
でも、女だらけの世界になかなか気軽な友達付き合いを見出せなかった私にとって
いつもなんとなく声を掛け合える、貴重な存在でした。

10年の時間差を埋めるべく、まぁ喋る喋る。
最後は頭が痛くなっちゃうほど、ずうっと。
2件のお店をはしごしました。
赴任先の学校のことやら自分達の母校のことやら。。。
貴重です。損得抜きで話せる友人は。
なんだかまだ頭が冴えてるなぁ、、、普段にはない刺激をよほど受けたようです(苦笑)
今度こそまめったく連絡を取ろう、と心に決めたのでした。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-28 00:43 | 日常

結果

奈良検定の結果が郵送されてきました。

・・・65点・・・「合格基準に届きませんでした」

「可」じゃだめなんだよねぇ。

あと5個合ってたら良かったのにな。ツメの甘さが露呈されました。

歴史の土地に「付け焼刃じゃダメなんだよ~」と言われた気がします。

ホントにその通り。

まだまだ奥が深い、魅力の果てしない奈良を思い知らされました。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-24 09:30 | 奈良

2月23日

2月23日がやってきました。

語呂合わせで何と読めますか?

そう「ふじさん(2・2・3)」ですね。

今日は静岡県で昨年制定してから迎える初めての「富士山の日」なのです。

実は富士山の日というものは、山梨県だったり富士宮市だったりと別の自治体では
既に制定されているところもあるのですが、「静岡県」としてはお初なんですね。
なにかしらのイベントには関わりたい!と以前から思っていたところ、
静岡県立美術館では23日に富士山の絵葉書をプレゼントしてくれるとの情報が。
富士山好き、そして絵葉書好きのわたくし。
これは行かなきゃ!

午前中の用事が少し押してしまい、午後も2時過ぎにようやく清水と静岡の境目にある
県立美術館へ到着。
坂道のプロムナード下にある駐車場からえっちらおっちらと頂上へ。
(坂道の途中から静岡市街地が一望できるポイントも。ええ眺め~)

・・・ん?なんか様子がおかしい。いくら平日とは言えやけに静かでひと気がないな。
トラックなんかの工事車両も見え隠れ。
よくよく掲示板を見ると・・・「3月いっぱいまでリニューアル工事のため閉館中」!?
えええ~?そりゃ人もいないわな。
じゃああの「絵葉書プレゼント」はどこでやってんですか??
時間だって10:00~17:00って書いてあったのにぃ。

なんか、日も傾き始めてきて気分もがっくり。
プレゼント企画の張り紙なども無く・・・あきらめて辺りを散歩してから帰宅しました。
休館中という情報すらも調べていかなかった私が甘いのか。
ともかく残念で仕方ありません。

こんなドジを予感してたのか、昼ごはんにこんな企画モノを買っていたんでした。

a0135028_2138279.jpg
















さくらえびの香ばしさもしらす(ちりめんじゃこ状態)のうまみもグウ。
なかなかのおいしさで、満足しておりました。
これも「富士山の日」に向けての期間限定企画でございます。

しっかし、休館中の美術館にどうやって入れというのか・・・。
くぅぅ!!
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-23 21:43 | 静岡

ラジオについて

2/18に放送されたNHKの「ブラタモリ」を見ていたら
秋葉原の電気屋さん街でした。
文系の私には馴染みのない場所ですが、唯一私との接点が。

それは「ラジオ」

よく実家の父が「小学生の時にはラジオを自分で作ったもんだった」と
言っていたそのラジオ。
真空管だとかコンデンサーだとか・・・コトバだけは耳馴染みがあったんです。
そう、家具調のラジオは超高級品でおいそれとは買えなかったとか。
今で言うと50インチのプラズマテレビってとこかしら。
(そりゃ買えないや!)

もちろん私が生まれたときはテレビがありました。
でもどういうわけだか、小学生の高学年頃からラジオ派に。
きっかけはやっぱり父の言った
「ラジオってな、AMとFMっていう種類の波があるんだ」というコトバ。
なんじゃ、そりゃ??しかも片一方は音楽ばかり流しているというじゃないの。
不思議なコトバに興味津々でラジカセを買ってもらいました。

そんなきっかけでもうラジオ無しにはいられない私。
どちらかというと、ローカルなAM派。
初めての一人暮らしでは豊富にヒットするAM局の周波数に胸を躍らせて
「関西ってすごい!」と感動ておりました。
(朝から1008か1179か迷ったりして)
今では携帯用ラジオが常に私の傍にいる毎日。
外出のかばんの中にも入れていきますよ。
旅行先にも持っていって地元の周波数を探したりしてます。

なにがいいのか?
もともと寂しがりやのお喋り好きだから、ひとりでも寂しくならないラジオがよかったのかしら??
テレビだととても扱わないようなコアな情報が突然出てきたりするし。
なにより喋り手さんとの距離が近い感じがするしねぇ。

ここまでラジオにハマるきっかけを作った当の父は
今やすっかり「おこたでテレビ」が大好きなじいちゃんになってしまいました。
あ~あ。

頼もしい相棒の写真を載せておきましょ。
このコがいればどこへいっても楽しくすごせます♪

a0135028_2327641.jpg
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-20 07:19 | 日常

ようやく晴れた!

雨が降るようになると春が近づいてくるとはいうものの
今週はどうにもこうにも寒くてドンヨリ・・・
全く慣れない天候にうんざりしてしまいました。

ようやく太陽がしっかりと顔を出してくれた本日。
熱の下がった子供と少しだけ外へ。

近所でみつけた春。

a0135028_22434491.jpg

















伊豆の河津桜祭りも始まるし、近所の梅園は見ごろだし。
梅園・・・いきた~い!2年くらい行ってないなぁ。

こんなコもいました。

a0135028_22462324.jpg
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-19 22:47 | 日常

大和路ろまん文庫

昨日(2月17日)の静岡新聞記事より

奈良の魅力、小説に込め

 奈良市の街並みを舞台に、地元のライターが執筆する小説「大和路ろまん文庫」。
「文学の香るまちおこし」をテーマに、同市の出版関係者らが2009年7月に発刊。
旅館など約30件で無料提供し、古都の魅力を発信している。

知りませんでした!
そりゃそうだ。地元民でもないし、なかなか旅館に泊まることはないし。
これまでに刊行されたのは
東大寺二月堂で出会った男女の不思議な境遇をつづった「時計」や
大仏が乗り移った猫と人間とのふれあいをコミカルに表現した「ネコボトケ」など8作品。
(記事より)

きっかけは、このシリーズの出版元の社長さんが伊豆市への旅行した時の
ホテルの企画だというんですね。
伊豆を舞台にした短編小説が部屋にあって、目の前の風景とリンクするので
引き込まれて読んでしまったそうです。
で、「同じような小説を奈良でもつくれないか」と思い立ち
知人の雑誌編集者さんたちに執筆を依頼、毎月20~30ページ程度の短編を
執筆料を免除してもらいながら500部発行しているんですって。
最近は共感したカフェのオーナーさんたちが新たに執筆を引き受けて
ボランティアの作家による支援も広がりつつあるそうです。

いや~、この出版不況のさなか、思い切ったことをなさる。
(この「大和路ろまん文庫」だけではなく他のシリーズも刊行予定とのこと。詳しくはこちら
でもね。
旅が終わってから時間が経っても、一冊の本が手元に残っていれば
きっとその旅の映像も一緒に思い出されて忘れられない一冊になるんじゃないかしら。
すてきだなぁ・・・こういうアクションは大歓迎だわ~。
それに静岡がきっかけになれたのは、やっぱりうれしいものです。

どこで手に入るのか、までは記事に載せてなかったのが残念・・・。
この本が目的であの旅館へ・・・なんてのもいいかも♪
こんな静岡の片隅でひそかに応援していま~す。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-18 20:57 | 奈良

ちょっと気になる

本日、静岡県中部南に雪だるまマークが出ていました・・・嘘や~ん、と思ったけど
案外本当かも、と思えるくらい冷たい日です。

ふと思い出した気になること。
先月、静岡市は呉服町にある無印カフェへ行った際に
「沖縄紅茶のチャイ」(・・・だったと思う・・・)
というお品書きを見つけたんです。

おおお!!

っと色めきたったんですけど、何しろ同行者が「腹減った」と大騒ぎ。
残念ながらお品書きを見ただけでそのままになっております(泣)

がっつり力強い紅茶なんだろうな、沖縄紅茶。
台風にも負けない茶葉(勝手な想像・・)を一度見てみたいなぁ。

自分で忘れないようにここへ書いておきました。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-16 14:01 | 日常

地(ぢ)のモノ

ここ最近、スーパーマーケットと併せてお世話になっているのが
地元の農家さんが自分トコでとれた野菜などを持ち寄って売っている市場。
JAがやっているものだけど、静岡市内には4箇所あって
一番近所にあるのが「長田(おさだ)じまん市」といいます。
私の住んでいる所は昔から田畑の多い地域。
さすがに最近は宅地化が進んでいるけれど、それでも街中よりはまだずっと多いと思います。

そこの野菜、果物たち。
大量仕入れのスーパーに比べるとすこーし(それでも20円くらいか?)割り高なコたちなんですが
それでもお買い得だと思うんです。
どこが?
野菜や果物の持ちが全く違うトコが!

いや、農薬バンバンで1ヶ月も持っちゃうということではありませんよ。
そんなのは本末転倒ですからね。

で、どれも美味しい。
ブロッコリー、お弁当にも入れやすいので我が家ではよく登場するんですが
子供の食い付きがまるで違うんですねぇ。
以前、某スーパーマーケットで安売りしていたのを買って湯がいた時
「・・・??」
ミョウな臭いが鼻についてしまって。
食べる段になって子供も少し口に入れただけでやっぱり食べてくれませんでした。
それ以来、ちょっと気にするようになったわけです。

とはいうものの・・・
美味しい野菜を求めすぎるあまり、同じ野菜が地元でとれるのに
わざわざ遠くの産地のを取り寄せるのもどうなの?って気がね、私はするんです。
(あくまで個人的見解デス)
近所の農家のおっちゃん、おばちゃんたちが張り合いを持てるように
できるだけ「ご近所産」を応援したかったりするんです。

最近のヒットはしいたけと形の悪い大根でした。
あ、みかんもよく買ったなぁ。
これから春に向けてお野菜の楽しみが増えます。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-15 22:39 | 静岡

あめあめ

2月14日
世の中はバレンタインデー。
我が家は早朝から子供の発熱さわぎ。
RSウイルスという初耳のヤツが悪さをしているらしい。

ま、いろいろ漂ってます。

しかし、慣れました。
ちょい前まではちょっと発熱するだけでオタオタしてたのに。

そして今日は朝から雨。
天気もそうだし、溜まってしまうであろうお仕事を考えると気が重いんだけど・・・
お熱の時くらいはゆるゆると一緒にいてあげよう。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-15 16:04 | 日常

はるをまつ

Tシャツ一枚でOKだった昨日、静岡は22度を記録。
・・・最近寒かったから、たまには体を伸び伸びさせたくなります。

目の前の畑が本格的に春野菜仕様になっていきます。
田んぼが耕されてしっかり畝がつくられました。
ここは毎年じゃがいもができます。

その向こうはえんどう豆のための棚が竹の枝なんかで作られています。
いいねぇ。
これができてくると「春がくるなぁ」とほっこりします。
そのまたむこうには・・・そろそろお役御免になりそうな大根たち。

最近、里山や畑に興味が出てきました。
とはいうものの、自分で土地を借りて作ったり
いきなりアウトドア全開になれるかっていうと根がインドア派なので、なかなか。。。
でも、静岡と清水の境目(県立美術館や県立大学のある辺り)で
里山遊び・保全活動などをやっているNPOを発見したのでちょっと気になっています。
いろいろイベントもありそうなので勇気を出してみようかな。
[PR]
by shizu-chiru | 2010-02-10 09:36 | 日常