<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ひとりごと

昔から合唱だけは自分の中から無くならないと思っていました。
器楽よりも歌の方がずっと好きで、何より仲間にずっと恵まれてきたから。
でも今回、8ヶ月くらいお休みをしていた所属合唱団(TERRA)に顔見せしに行って
「あー、やっぱり歌いたいなぁ!」
と単純に思ったか、というとそうでもなかった。

去年9月の演奏会へ向けて、1歳児の息子を実家に預けたり主人に見てもらったりしながら
練習(平日夜)に参加していた前回は夢中で自分の好きなことを追いかけていた。
今回のブランクは主人の都合で自分の好きな事を一時中断したので、途中何度も
「合唱したぁぁぁい!」
と叫びそうになり、実際メールや愚痴で知人・友人にもこぼしていた。
そんな感じだから、ウキウキしながら参加して帰宅してもいい気分が続くものだと思っていたのに
実際は
「子供は大丈夫かな?」
「次の演奏会は来年かぁ。また臨時練習とかあって、忙しくなるのかなぁ。」
「どうやって(日程)やりくりしよかな~。また迷惑かけるな。」
なんて、今まであまり考えたこともなかった事が一番先に頭をよぎったのだ。

自分の「好き!」っていう気持ちよりも先に周辺のことが気になるなんて
完全に「姫体質」の私にはほとんど無かった。
(息子が生まれた時もすぐに「いつTERRAに復帰しよかな」とか思ってたし)

とまどうなぁ。
練習が自分の中で「ネック」扱いになるなんて考えもしなかった。
主人は
「好きなことをやってほしいと思うよ」
と優しい言葉をもらい、すっかり復帰する気でいたつもりだったのに。

実はこの演奏会準備期間とまったくリンクして、新たに参加してみたい勉強会を見つけたのも
こんな風に思う一因なのかもしれない。
でもこの勉強会は選抜制だから絶対入れるわけじゃないし、第一それだって続けられるか分からない。
(私は結構あきらめが早いから・・・)

息子もいよいよ集団社会に入る時期がくるし、自分のことばっかり言っていると
もうまわりが上手く動いていかない時期にきているのかもしれない、とも思う。
ちゃんと子育て、してるつもりでも結局は自分の都合を周囲に押し付けてるだけで
子供が一番迷惑なのかもなぁ。

ひとりだけイゴコチの良いところにしがみついてるようじゃもうダメ、なんだろうな。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-30 16:52 | 日常

夏の終わりに

昨日8/29、静岡市内を流れる安倍川河川敷にて安倍川花火大会が開催されました。
今年はなにしろ天候不順な夏で、最初の予定が7/25だったのが増水と雨天により
一ヶ月以上も順延されてしまった花火。
生まれてからずっと見てるけど、こんなにずれたのは初めてかも。

すっかり涼風が吹く中、始まりました。
(日の入りも随分早くなっていて、開始の19:00を待たずにあたりはすっかり暗闇・・)

実家も自分の今の家もそれなりに安倍川に近いのですが、今年は実家の近くの公園にて
見物となしました。
昔はねぇ、ホントによく見えたんですよ。それが随分と宅地が増えて見にくくなったもんです。

住宅街からの花火を何発か・・・
a0135028_1522143.jpgどど~ん。
連発のはじまり、はじまりぃ。









a0135028_15233973.jpgおお!おっきくなってきたぞ~。












a0135028_15251371.jpg風がないから煙がどかないのが、残念!
た~まや~!












毎年毎年ずぅっと見ているけれど、全然飽きません。
好きなんです、花火が。
息子も大興奮して飛び上がっておりました。

静岡大空襲の時、おびただしい数の遺体をこの安倍川河川敷で焼いたのだそうです。
その鎮魂の意味で始まったこの花火大会。
平和で毎年見られるのが何より幸せ、とつくづく思っている私です。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-30 15:33 | 静岡

静岡古本市

うっかりしていたら1週間も更新が滞っている・・・。
一つ家の中の重大事項が終了したので私も気が抜けてしまったようです。
記事にしたい事は沢山あるので一つずつアップしましょ。

8/21(金)に「静岡古本市」へ行ってきました。
a0135028_15294329.jpg待ってたよ~!
駅前の静岡松坂屋7Fの催事場(お中元品や全国物産展をやるスペースね)で
静岡(旧)市内6店程の古書店がそれぞれブースを設置しての、市内では結構一大イベント。





そりゃ規模は東京や大阪・京都に比べるべくはありませんやね。
それでもなかなか各店舗を日常的にめぐる事ができない私のような人にとったら
夢のような古書イベントなんです。
しかも年1回!
仕事中を少し抜け出してコソコソと行ってきました。

滅多にお目にかかれない雑誌「銀花」は、どういうわけだか古書店のほうが出会えるっていうんだから不思議だなぁ。今回も1冊お買い上げです。
(特集「奈良・大和国原」天平と現代を結ぶ技と心・・・買いますって!1380円が300円になってた・・・)
文庫もそこそこ置いてありましたが・・・おこがましいようですが、我が家の文庫棚でお目にかかるようなラインナップも多くて(司馬遼、藤沢周平、山本周五郎、宮部みゆき等々)「今朝も見たなぁ、この風景」と思わず思ってしまいました。

昨年かな。講談社から出ていた『日本の歴史』シリーズ、比較的若い世代の歴史学者さんたちが執筆されているのでずぅっと気になっていたんですけど、何しろ1冊が高いのです。
このテの書籍はしょうがないんだけど・・・
と、思っていたらもう全巻並んでいましたよ。誰だろう、とっとけばいいのに、と思ったり。
今回もうーん、うーんと悩んだ挙句また見送り。
これ以上ハードカバーは増やせないしなぁ、と残念な住宅事情を恨めしく思いました。

ごちゃごちゃと見て回っている内に子供の本にも行き着きました。
悲しいかな、母親の習性。
結局小一時間うろついてお買い上げしたのは・・・
a0135028_15465664.jpg雑誌1、辞書1、ソフトカバー1、子供の本3(!)













何だよ!私!子供の本を買いにきたの!?と、買ってみてビックリの内容。
でもね、でもね。たいそう喜んでくれたのよ。子供が。
だから、ま、いっかな。
〆て1900円。
家族の笑顔に出会えたなら、いいお買い物をしたことになりますよね?

今度はビビらずに自分の本を是非!
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-27 15:55 | ひとりごと

メンデルスゾーン

引き続き音楽ネタ。

NHK-FMを聞いていたら「みんなのコーラス」という番組を耳にすることができました。
いつもはNHK音楽コンクール出場校の演奏と講評が主な内容なんですが、
今回は夏の特集。「メンデルスゾーン生誕200年記念」と銘打った合唱曲(小品)の紹介
となっておりました。

この方、音楽の教科書でおなじみですね。
音楽以外にもスケッチなどにも才能を発揮していたり、実は38才という若さで亡くなっていたり・・・
と案外知ってるようで知らないことも沢山な方でした。

今回の一曲目が「ひばりの歌」(邦題:おお、ひばり)。
お?知ってるぞ。なつかしーなー。あ、まだ歌える、歌える♪
(実際の放送ではウィーン少年合唱団が原曲を歌っていたのでドイツ語、私は日本語のしか知りません)

長い合唱人生の中で、前半6年間は学校の中だけで、しかも女子だけで歌っていて、
おまけに主な演奏曲目はほぼミサ曲・聖歌・ミュージカルに限定されていました。
ところが大学に入って気付いたのが、まー私のやってきたことの幅のせまいことったら!ということ。
そんな価値観の転換期に出会ったのがこの「おお、ひばり」でした。

何かの講習会の練習曲としてちょっと練習した、ってくらいの曲なんですが
今までに出会ったことのなかった、明るくのびやかできっちりしたハーモニーなんだけど
窮屈さを全然感じない構成にとても感動したものでした。

もう10数年歌ってなかったこの曲に、偶然でもまた出会えたのは本当にうれしかった!
初めて尽くしだった頃に覚えた新鮮な感動を今も感じ続けられるように感性を磨いておかなくちゃ、
と思ったできごとでした。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-21 00:39 | 合唱

こんな気分

仕事帰り、日が傾いて涼しい風が吹き始める時間。

少し霞んだ西の山々に夕日がかかっていて・・・

どたばたした毎日に、夕方に空を見上げるってしばらくしてないなぁ、などと思ってみる。

するとこちらの気持ちを見透かしたようにカーラジオからホルストの「惑星」(その中の木星)が。

これも久しくしっかり聴いていないなぁ、と思っているうちに

チェロがメインで奏で始める重厚な部分(平原綾香の歌でも使われていたあの部分ね)になった。

これがね、夕日がもうすぐ山に沈みそうになっている風景と一緒になると

なんだかもう胸がいっぱいになるんです。

夕空に重厚で壮大なメロディー・・・

そしてちょうど橋の上で聴いたりしたから、ひろーい夕焼け空の中に自分が溶け込んでいくような

そんな気分も味わって。

心の奥の方にしまいこんであった音楽と共鳴する幸せや感動を

図らずも再確認した、そんな一瞬。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-19 16:02 | 日常

新・甘味from奈良

8/2、奈良を強行軍でおとずれた際に智林堂の看板娘のちりんさんから頂いたお菓子。

なに?このカワイイ鹿ちゃん♪
a0135028_2394977.jpg「奈良のおせんべい 小鹿の里」というお菓子です。
お土産、なんですよね?でも私、全然知らなかった。。。










で、中身は・・・

a0135028_23122620.jpg抹茶、ゆず、いちごの三種類のクリームが挟まったかるーいおせんべ。
ゴーフレットみたいな食感です。









みんな知ってるのかしら?
私の記憶では、奈良のお土産っていうと「奈良漬」とか「ぜいたく豆本舗の豆菓子」とかちょっと渋めのしか浮かんでこなくて、なかなか女子の心をくすぐるお菓子を見つけられなかったハズ。

なのに、なのに!
なんでしょう。この可愛らしさは!
しかもブリブリした可愛らしさは全く皆無で、素朴な、ちょっと伏し目がちな感じがまたタマラナイ!

(勝手に)片思いしていた方からいただいたせいか、もって帰る道中も
「ちょっと!ぐしゃぐしゃにしないでよっ!」
と同行した者にイチイチうるさく言ったりして。
ま、それは私の勝手な思い込みなので置いといて・・・

京都とは違った素朴な可愛らしさのある奈良を、もっともっとアピール!していかないと。
女子心に訴えかけてくるお土産、大いに期待するトコロです。


(追記)
昨年11月に奈良訪問した際にも、奈良市在住の後輩から「愛の木簡」っていうフィナンシェ(?)を
お土産にいただいたんでした。木簡みたいな長方形でした。
ネーミングがね・・・ツボなんですよ。奈良らしいというか何というか・・・。
近鉄奈良駅前の洋菓子店で買ったと言っていましたが・・・えー、名前が思い出せません!
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-18 23:26 | 奈良

み~つけた

昨日、早めに目が覚めました。

ここ最近、夜と朝は涼しい空気になっているので表にでてみると・・・

a0135028_10491884.jpgあら。
秋のような雲が・・・。













少し行くと田んぼも多いのでこんな光景も。

a0135028_1051597.jpgこれは早稲の品種なのかな。となりの田んぼの稲はまだ稲穂が出てきたばかりの模様でした。











梅雨も長くてあんまりお日様も顔を出さない夏なので、お米がとても心配です。
(何しろ我が家は米大好きが3人も揃ってますので・・・)
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-16 10:46 | 日常

夏の名残の収穫祭

8/15にはお墓参りに行ってきました。
お墓の近くの畑で
a0135028_10351142.jpg里芋の葉っぱが巨大です。












a0135028_10371563.jpg親戚のお家の畑で収穫してきました。茄子にきゅうりに・・・どれも大きい・・・

a0135028_10394362.jpgピーマンにオクラ。

a0135028_1044040.jpgいんげんがみずみずしくて、触っただけでもしっとり、プニプニな感じがわかるんです。
おいしそう・・・
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-15 10:33 | 日常

海!

8/13に海水浴へ行ってきました。
ええ、わかってます。地震の次の日です。
・・・どんだけ呑気なんでしょうか・・・
そうでしょう、それが「静岡人」ってもんなんです。
(そうなの??)

a0135028_10231790.jpg日本の海水浴場の中で、水質がとっても良い5箇所に入っている静岡市・用宗(もちむね)海岸です。

どれくらいぶりでしょう。
学生時代に琵琶湖で合宿をした時にちょっと浸かったのが最後。
ちゃんとした(?)「海」にきたのは実に5歳頃以来!!
こんなに海近くに住んでいるのにね。自分でも驚いた!

水着ですか?
もう白昼堂々人サマにお見せできるシロモノじゃありませんからね。
犯罪にならないよう、短パン・Tシャツを厳守しましたわ。


日差しはそれなりにありましたが、風がどことなく爽やかで気持ちがいーい!
きらきらした水面に心が洗われるよう。
波が引くときのシュワシュワ~っとするアレが気持ちよくて、波打ち際で一枚。
a0135028_10304964.jpg
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-14 10:31 | 静岡

甘味from静岡

最近あまり甘味にがっつかなくなったわたくし。
・・・や、好きですし、下戸ですし、甘いもんはウエルカムなんだけど
最新情報を手に入れて頑張って食してみる、なんて事はとんとご無沙汰。
そういう形の情熱は失せ気味なのです。

が!

最近ちょっと嬉しい甘味を体験しました。

ネタとしてはごく当たり前のモノなんですけどね。

無印Cafeの「本和香糖の焼きプリン」!!
あまり外食の機会のない我が家が、たまに行った無印良品のカフェで出会いました。
ここのカフェ、ホントに普通のおかずとご飯がしっかり美味しくて、お箸が使い捨てじゃない
というのも気に入っています。子供も安心してご飯が食べられるのもうれしいしね。

で、いつもあるプリンは「ほうじ茶プリン」
ほうじ茶の葉っぱがすこし混じってたり、お茶ベースのソースがかかってたりと
なかなかすっきり、さっぱりしたプリンです。
しばらくコレが一番だと思っていたんですけど・・・

本和香糖の焼きプリン・・・この姿かたちにそそられました。
a0135028_2358072.jpg


どうですか!この郷愁を誘うフォルム! THEプリンでしょ?




















でもね、味もイイんです。
こっくりとした濃い目の味なのに後味のキレがいい!口当たりもいわゆる「とろける~」っていうのではなく
ちゃんと形を残して味わえるんだけど、やたらとプルプルしすぎてもいない。
最近のとろける云々とか冷やし固めるプルプルしたプリンがちょっと得意ではない私にとって
久々に「きたーー!」と叫びたくなる食感なのです。

それでもってこの甘みがねぇ、じわじわと来るんですよ。
がつーん、でもなく、さっぱり~、でもない。妙なコクが残りすぎてもいない。
なんとも絶妙!
気持ちまでほんのり優しくなれるとは・・・まさにこの味!と豪語したくなる感じです。
そして原材料にもとても気を使っていて、
「大事に育てられた岩手県の南部鶏の卵」と「沖縄原料100%のやさしい味わいの本和香糖」
とのこと。
このお砂糖がさ、も~いいんですよ、本当に!

それにもう一つ嬉しい事。
それはこのプリンの生みの親が静岡店で頑張っているスタッフさんだという事です。
全国にある無印Cafeに登場するこの子の故郷は静岡だったのか・・・。
東京発だけが美味いもんなんじゃないぞ~!と、嬉しくなったのでした。

どこかで無印Cafeに立ち寄る機会があったら是非お試しあれ!
大きさもしっかりあって350円はお得感もバッチリですよ。


そう。余りに美味しかったようで息子に食い散らかされてしまいました・・・
a0135028_0271516.jpg

あ、あんまりだよぉぉ(泣)











MealMUJI静岡
静岡市葵区呉服町2丁目1ー5 無印良品内B1階
tel. 054-274-0191 営業時間:10:00~20:00
プリンの記事はこちら
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-13 00:38 | 日常