風物詩・・・?

昨日の晩から少し雨が降り、朝には上がっておりました。
日中はまあ暖かいこと。風は冷たかったけど☆
湿気のある薄ら寒さってどことなく早春の匂いを含んでいて
とても不思議な夕暮れです。

そんな本日
職場の大掃除をしておりました。
窓ガラスふきふき・・・さんをふきふき・・・
何枚ものガラスを一生懸命ぴかぴかにいたしました。
じぶんちは中途半端なまま止まっている掃除なのに
「自分の任務!」となると徹底的にがんばる性分なようです。
(じぶんちは「ま、いーかぁ」となってしまうのね、どうしても汗)

こういうみんなでワイワイやる年中行事は好きです。
めんどうでも勢いとノリで楽しくなっちゃう。

気分よくいたら
愛車に朝にはなかった付着物を発見。
・・・鳥さんの・・・フン・・・しかもいつもの色と違う・・・
オレンジ色してて流れたようになっているから一瞬吐瀉物のようにも見え・・・

でもよーく見てみたら

オレンジ色は「そのまんまミカンの果肉」だったんです。
フン状になっているんじゃなくて、まんまつぶされたようになっていました。
初めてだぁ。
あちこちの山や庭木にもミカンがすずなりになっている当地。
いいね、寒くても美味しいものがいっぱいだね。

車は汚れたけれど、この季節ならでわの「風物詩」にちょっと笑えました。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-12-26 17:03 | 日常


<< 師走の夕暮れ タカラヅカ三昧 >>