若葉マークだもの

今日夕方に子供と近所の図書館へ行ってきました。

もちろん子供の本がメインのはずだったんですが・・・

なんと!「人形劇」というくくりの棚に文楽関係書物を発見してしまいました。
その下段あたりは「伝統古典芸能」の棚になっていて歌舞伎や能関係がずらずら・・・
しかも冊数、比べるべくもナイ(泣)

いいんだけどね、たしかに人形劇だから。でも大人の人形劇なんだからね!
などとちょこっと複雑な気持ちで棚を覗いておりました。

その中に
『文楽の全てがわかる小事典 文楽ハンドブック』(三省堂)藤田洋 編
なる本がありました。
文楽の成り立ちから演目の構成、文楽名鑑(太夫・三味線・人形の部)や名作鑑賞の手引き、用語の解説や文楽関係書一覧まで
ありとあらゆることが載っているじゃないのさ。
今月、初鑑賞する前にちゃんとこれで勉強しとけばもっと楽しかっただろうに。

でもこれからですよ~。
まだまだ若葉マークですもの。いっぱい覚えて楽しめるようにならなくちゃ。
で、この初版本は1994年モノ(あら、入学した年だわ)なので改訂版(2003年)を
是非とも購入しなくてはいけません。
うふふ~♪楽しみが一つ増えました。

一つビックリしたこと。
「にほんごであそぼ」にも出演中の豊竹咲甫大夫さん。
昭和50年4月1日生まれだって!てことは1学年上なだけ!?
おどろきました。
オールバックで太い眉毛もりりしい風格のある感じの方なので
まさかこんなに年が近いとは・・・。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-10-31 02:10 | 日常


<< ちかごろみやこにはやるもの・・・ ニューフェイス >>