おもひで

奈良の古本屋・智林堂書店さんのブログに采女祭りの記事が。
観月

そう。こちらも十五夜お月さんがきれいに顔をだしていましたよ。
学生時代のこの時期は学祭前のわちゃわちゃしている時期。
忙しいけどウキウキした気分もあり、なかなか思いで深い時期でもありました。
采女祭りは3回行きました。
写真撮っても暗くてねぇ、どんな船なんだかさっぱり分からない写真ばっかり。
ちりんさんの写真で「そうだ、こんなんだったな」と再確認です。
小さな池に小さな船が出てお月様も出ていて・・・
何だか不思議な雰囲気のお祭りだな、と思ったものです。

地方出身者がほとんどの部活仲間達といつも一緒に行っていて
猿沢の池を後にすると必ずだれかンちで宅飲み。
讃岐うどんをつまみにしたりさ、闇たこ焼きやったりさ。。。

こんなこと書いてたら急にみんなに会いたくなってしまいました。ほろり・・・。
[PR]
by shizu-chiru | 2009-10-04 01:36 | 日常


<< 言い訳 芸術の秋・第一弾 >>