甘味from静岡

最近あまり甘味にがっつかなくなったわたくし。
・・・や、好きですし、下戸ですし、甘いもんはウエルカムなんだけど
最新情報を手に入れて頑張って食してみる、なんて事はとんとご無沙汰。
そういう形の情熱は失せ気味なのです。

が!

最近ちょっと嬉しい甘味を体験しました。

ネタとしてはごく当たり前のモノなんですけどね。

無印Cafeの「本和香糖の焼きプリン」!!
あまり外食の機会のない我が家が、たまに行った無印良品のカフェで出会いました。
ここのカフェ、ホントに普通のおかずとご飯がしっかり美味しくて、お箸が使い捨てじゃない
というのも気に入っています。子供も安心してご飯が食べられるのもうれしいしね。

で、いつもあるプリンは「ほうじ茶プリン」
ほうじ茶の葉っぱがすこし混じってたり、お茶ベースのソースがかかってたりと
なかなかすっきり、さっぱりしたプリンです。
しばらくコレが一番だと思っていたんですけど・・・

本和香糖の焼きプリン・・・この姿かたちにそそられました。
a0135028_2358072.jpg


どうですか!この郷愁を誘うフォルム! THEプリンでしょ?




















でもね、味もイイんです。
こっくりとした濃い目の味なのに後味のキレがいい!口当たりもいわゆる「とろける~」っていうのではなく
ちゃんと形を残して味わえるんだけど、やたらとプルプルしすぎてもいない。
最近のとろける云々とか冷やし固めるプルプルしたプリンがちょっと得意ではない私にとって
久々に「きたーー!」と叫びたくなる食感なのです。

それでもってこの甘みがねぇ、じわじわと来るんですよ。
がつーん、でもなく、さっぱり~、でもない。妙なコクが残りすぎてもいない。
なんとも絶妙!
気持ちまでほんのり優しくなれるとは・・・まさにこの味!と豪語したくなる感じです。
そして原材料にもとても気を使っていて、
「大事に育てられた岩手県の南部鶏の卵」と「沖縄原料100%のやさしい味わいの本和香糖」
とのこと。
このお砂糖がさ、も~いいんですよ、本当に!

それにもう一つ嬉しい事。
それはこのプリンの生みの親が静岡店で頑張っているスタッフさんだという事です。
全国にある無印Cafeに登場するこの子の故郷は静岡だったのか・・・。
東京発だけが美味いもんなんじゃないぞ~!と、嬉しくなったのでした。

どこかで無印Cafeに立ち寄る機会があったら是非お試しあれ!
大きさもしっかりあって350円はお得感もバッチリですよ。


そう。余りに美味しかったようで息子に食い散らかされてしまいました・・・
a0135028_0271516.jpg

あ、あんまりだよぉぉ(泣)











MealMUJI静岡
静岡市葵区呉服町2丁目1ー5 無印良品内B1階
tel. 054-274-0191 営業時間:10:00~20:00
プリンの記事はこちら
[PR]
by shizu-chiru | 2009-08-13 00:38 | 日常


<< 海! 揺れたわぁ・その弐 >>