オリンピックの年

本日、バンクーバーオリンピックが終了。

オリンピックがある時にいつもやること。
開会式の入場行進と同時に地図帳を開いて場所を確認すること。
夏も冬もやるから2年に一度はやっている。
アンドラとアンゴラは違う国、とかいつもやってるのになかなか覚えなくて。
閉会式ではいつも次の開催国の国歌が流れるんだけど
それがけっこう気に入ってたりする。
(今回はロシア国歌。もとよりこの国歌のメロディーには泣かされるんだなぁ。)

世界中の国名とともに国旗や国歌が目の前を行き来するオリンピック。
もうそのことだけで涙が出そうになるんです。
いろんな国があって、その象徴としての国旗と国歌がある。
その国に住む人々の思いが詰まったそれら。
先祖に感謝して子孫へ思いを託す象徴をこの目で見ることの出来る幸せ。

ああ、世界中のみんながそれぞれの土地で幸せに暮らせますように。

心から祈らずにはいられない気持ちになります。
この一節を思い出しました。

宮沢賢治『烏の北斗七星』より
「ああ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいいように早くこの世界がなりますように」
[PR]
by shizu-chiru | 2010-03-01 11:43 | 日常


<< 歩く歩く しゃべくり >>